非常変災時における生徒の登校について

1 台風等の非常変災時

 (1)松山気象台から南予北部地方に「暴風警報」が発表されている場合、登校の準備をして自宅待機とする。
 正午(12時)までに「暴風警報」が解除された場合、安全に留意し授業の準備をして、速やかに登校する。
 
(2)正午(12時)を過ぎて「暴風警報」が発表されている場合、その日、自宅学習とする。
 (3)JR等公共交通機関が正午(12時)を過ぎても不通の場合は、通常利用している生徒はその日、自宅学習とする。この場合は、学校へ連絡する。
 (4)「暴風雪警報」の場合も上記(1)~(3)の扱いとする。

2 避難勧告及び避難指示、警戒区域の発令時

 内子町に「避難勧告」及び「避難指示」「警戒区域」が発令されている場合は、登校せず自治体の指示に従い安全の確保を優先する。(町外の生徒は、自宅待機とする。) また、生徒居住地に同上の発令がされている場合は、該当自治体の指示に従い安全の確保を優先する。
 なお、その後の対応は、上記1の(1)~(3)に準じた扱いとする。

3 Jアラート(全国瞬時警報システム)の発令時

 (1)自宅を出る前に愛媛県下にJアラートが発令された場合は登校せず、安全な場所に避難して続報を待つ。その後、安全を確認してから登校する。(安全を最優先すること。)
 (2)登校途中、愛媛県下にJアラートが発令された場合、学校が近い時は、周囲の状況等の安全を確認しながら登校するか、家が近い時は、安全を確認しながら家に帰る。(無理をして登校する必要はない。)
 また、JR等の公共交通機関の場合は、係員の指示に従う。

 4 上記1以外による公共交通機関の不通時

 通常利用するJR等公共交通機関が災害や事故等で不通の場合、他の交通手段を利用するなどして、安全に十分留意して速やかに登校する。
    ただし、他の交通手段が利用できない場合や安全に登校できない場合は、自宅待機とする。この場合は、学校へ連絡する。

5 積雪・路面凍結時

 (1)JR等公共交通機関が運行を見合わせている間は、通常利用している生徒は自宅待機とし、運行が開始され次第登校すること。また、運行遅延の場合にも随時登校すること。
 (2)JR等公共交通機関が運行されている場合でも、自宅を出るにあたって危険が感じられる場合には、危険が解消されるまで自宅待機とする。
 (3)上記(1)(2)のいずれの場合においても、5時間目の授業に間に合わない場合、その日、自宅待機とし、自宅学習を行うこと。この場合は、学校へ連絡する。

6 地震・津波等による災害時

 地震・津波等による災害が起こっている場合、安全確保を優先する。

7 特別警報の発表時

 特別警報の発表時は、安全確保を最優先する。

8 非常変災時等の生徒の出席扱い

 上記1から7までの事由に該当すると認められた生徒の欠席・遅刻については「出席」として扱う。

(参 考)

避難情報の種類 
  「避難準備・高齢者等避難開始」
      避難に時間を要する人は避難(高齢の方、障害のある方、乳幼児連れの方など)
     
  「避難勧告」
      避難場所などの安全なところへ速やかに避難
     
  「避難指示(緊急)」
      人的被害の危険性が非常に高い状況、直ちに緊急避難
     
  「警戒区域」
      設定した区域への立ち入り制限、禁止またはその区域から退去
     
  「Jアラート」
      対処に時間的余裕がない大規模な自然災害や、武力攻撃または存立危機状態が発生時の緊急情報
     
特別警報の種類
  大雨(土砂災害、浸水害)、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
 
警報の種類
  大雨(土砂災害、浸水害)、洪水、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
 
注意報の種類
  大雨、洪水、強風、風雪、大雪、波浪、高潮、雷、融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪