沿   革

大正 9年 4月 1日  内子町立実科女学校を創立。
昭和16年 2月 8日  校名を内子至徳女学校と改称。
昭和17年 4月 1日  愛媛県内子高等実科女学校を設立。
昭和21年 4月 1日  愛媛県内子高等女学校を設立。
昭和22年 4月 1日  愛媛県内子高等女学校併設中学校設置。
昭和23年 4月 1日  県立移管、愛媛県立内子高等学校を設立。
昭和23年 9月 1日  定時制課程設置(本校夜間および大瀬分校昼間部)
昭和24年 9月 1日  愛媛県立学校再編成により男女共学。
昭和26年 3月27日  特別教室作成(和洋室、家事室、物理室、化学室、および各準備室)
昭和26年 6月10日  大瀬分校校舎新築落成。
昭和26年10月10日  内子高等学校体育後援会設立。
昭和26年11月18日  硬式野球のバックネット新設。喜多郡東部町村会寄付。
昭和27年 7月21日  大瀬分校校舎県有移管。
昭和28年 5月15日  講堂落成。
昭和32年 6月24日  本館落成。
昭和35年 2月25日  本館講堂茶道室を残し普通教室および特別教室を全焼。
昭和36年 1月31日  新校舎落成並びに講堂移転改修。
昭和37年 3月31日  大瀬分校廃止。
昭和39年 7月 8日  3教室増築落成。
昭和40年 6月15日  本館前庭園(清心苑)完成。
昭和41年 3月14日  体育校舎、用具倉庫、放送室完成。
昭和41年11月30日  交通自治会発足。
昭和43年 3月31日  定時制課程廃止。
昭和44年10月31日  体育館落成。
昭和45年10月17日  創立50周年記念式典挙行。
昭和55年 3月30日  本館落成。
昭和55年10月20日  清心館落成。
昭和55年11月 8日  創立60周年記念式典挙行。
昭和61年 3月31日  体育器具収納庫新築落成。
平成 2年 3月28日  大規模改造工事。
平成 2年 3月29日  LL設備完成(社会科教室)。
平成 2年 3月30日  保健室改修。
平成 2年11月10日  創立70周年記念式典挙行。
平成 5年 8月 1日  アジア青少年等国際交流事業シンガポール生徒16名引率4名来校。
平成 8年 4月 1日  全日制12学級入学定員160名。
平成12年10月26日  創立80周年記念式典挙行。
平成13年 8月31日  教棟、保健室、倉庫、文化部資料室取り壊し。
平成14年 3月29日  教棟新築落成。
平成14年10月22日  体育館大規模改修工事。 
平成17年 4月 1日  全日制11学級、入学定員120名
平成18年 4月 1日  全日制10学級、入学定員120名 
平成19年 4月 1日  全日制9学級、入学定員120名
平成22年10月29日  創立90周年記念式典挙行