2019内子高校だより

令和2年度 第63回内子笹まつりの壁面笹飾り(美術部)

 来年度本校が創立100周年を迎えるにあたり美術部2年生5名、1年生7名で、玉起屋商店さんに展示させていただく壁面笹飾りの制作を始めました。大きさは縦3m64cm×横5m46cmと大きな作品になります。

 今回の作品は、正面から見た校舎を画用紙や折り紙を使って表現します。先輩と共に、伝統を継承しながら新しい表現方法も取り入れて明るく楽しく頑張っています。

文字のレタリングや校舎の下書きを丁寧に描いています。

 完成は7月下旬を目標にしています。

2学期終了!

 みなさん、こんにちは。

 今思えば短かった2学期も今日で終わりです。色んな行事がありました。体育祭にはじまって文化祭、修学旅行、インターンシップ、人権集会、クラスマッチと本当に行事が多い学期です。

 私事で恐縮ですが、私にとっても大きな変化のある学期でした。わざとではないにしろ、大けがをしてみんなに迷惑をかけてしまったことは、しばらく忘れないと思います。しばらくしたら忘れます。

 さて、終業式では中井校長からのお話と教務課、生徒課からの連絡がありました。そして、今日のHPは終業式後のHRの様子をお伝えします。

 やってますやってます。これは2年3組の様子です。突然何も言わずにドアを開けて写真を撮らせてもらいました。担任の先生も生徒も目的を察してくれて、撮らせてくれました。

 これは2年2組の様子です。これはドアを10cmだけ開けて、盗撮しました。といっても、おそらく気が付いてないのは担任の先生だけで、生徒たちにはクスクス笑われました。通常、学期最後のホームルーム活動では、配布物を配り、過ごし方の注意をして、成績通知票を返したり、面談をしたりします。私が担任をしていたころは、書初め大会もしてました。新年を迎えるにあたっての目標なんかを書かせると楽しいんです。

 では、最後に2年1組ですが、、、

 あれあれ?2年1組だけ様子が違います。机の上には紙コップとお菓子が!

 担任の先生に話を聞くと、どうやら2学期の慰労会をするのだとか。特に、先日の文化祭では見事に唐揚げを売り切って、とてもよく働いてくれました。文化祭以後、みんなで慰労する場を設けていなかったとのことで、今日の慰労会になったのだそうです。

 みんなとっても楽しそうです。会の途中にはビンゴ大会もあって盛り上がりました。ちなみに、私は副担任をしている関係でビンゴに参加させてもらいました。

 ずっとリーチがこなくて、リーチになっても当たらない。結局、5リーチからのビンゴでしたが、ビンゴレースでは断トツのビリでした。最後くらいいいことがあってもよかったのに!!ラグビーワールドカップ開催中はリーチ・マイケルに似てる!なんて言われていたのに。リーチが来たのも最後でした。まぁ、今朝のニュースの占いでも最下位だったので、こんなもんかなと思いつつ、運気なんかに負けないぞ!と心新たにこれを書いております。

 では、今日はここまで。明日からは冬休みの補習が始まります。生徒のみなさんは体調管理に気を付けて、特に3年生は最後の追い込みに力を入れましょう!

今日はグラウンドへふらりと出ました

 みなさん、こんにちは。

 今日も昨日と同じく2時間目で授業は終わり、その後は保護者懇談の時間になっています。

 さて、今日は部活動の声が聞こえるグラウンドへ向かって見ました。あいにくの雨で、グラウンドはゆるゆるでしたが、工夫して練習していました。さっそく数名にインタビューしてみます。

 と、グラウンドへの道すがら、卓球場を通過するので寄ってみました。

 やってます、やってます。ちょうど部長の大石さんがいたので、声をかけてみました。

もちくま:こんにちは、今の目標を教えてください。

大石さん:個人では県大会ベスト8で、チームとしては団体で県大会出場です。

もちくま:これまでの個人成績と今の課題は?

大石さん:これまでは県大会ベスト32までです。どうしても緊張して小振りになってしまうので、大胆にプレーできるようにしたいと思っています。チームとしては、まだまだみんな打ち込みが足りないので、基礎打ちを徹底して、大会でも普段通りにプレイできるようにしたいと思います。

もちくま:OK牧場。ありがとうございました!

 卓球場をあとにして、グラウンドへ向かいます!行ってみると、グラウンドの入り口に部活動を眺める二人の女子生徒が・・・

 1年生の松田さんと曽根さんでした。時間があるので、帰宅途中に少し覗いていたそうです。主に陸上競技部とソフトボール部を見ていたのだそう。

 私の高校時代のことで恐縮ですが、こういうちょっとした人の目が私は好きでした。見てくれてるから頑張らなくちゃ!って思えるんですよね、決して自分を見ているわけではないのに、勝手に気合が入っちゃうんですよ。思春期男子でしたね。ただ、そういう意識で勝手に人の目には慣れていきました。

 さてさて、次にグラウンドの真ん中で1年生の藤原さんが練習していたのでインタビューしました。なお、本当の「藤」の漢字を使うとご覧になるみなさんの画面でうまく表示できない可能性があるので、申し訳ありませんが、常用漢字の「藤」を使わせていただきます。すみません。

 

 私が見たときは、ミニハードルをずーーーとやっていました。話を聞いてみましょう。

もちくま:一生懸命練習してましたが、今の目標は何ですか?

藤原さん:今の目標は、来シーズンのインターハイで準決勝以上に残ることです。そのためには、県で6位入賞、四国でも6位入賞を果たすことです!

もちくま:具体的なタイムは??

藤原さん:10秒60を目指してます。

 ということですが、藤原さんはなんと1年生なのに、先日の大会で愛媛県2位に入った実力者です。中学校では野球部だったとか。。。

もちくま:今の課題は?

藤原さん:スタートの改善ですね。接地のときの足の切り替えを早くしないとスピードが出ないので、そこを重点的に練習しています。

 と、説明しながら話してくれました。今後の最終目標は、愛媛の高校記録更新!そして、インターハイでの入賞!だそうです!グラウンドでも真剣な表情で黙々と練習している姿がとても印象的で、応援したくなりました。がんばってほしいです!

 さてさて、最後に投球練習をしていた二人組に話を聞きました。

 ソフトボール部の平野さんと大野さんです。

もちくま:今のチームの目標は何ですか?

平野さん:・・・・・・県でベスト4です!

もちくま:そのための今の課題は何ですか?

平野さん:守備のレベルアップですね。それと、バッティングで打ち上げてしまうことが多いので、たたきつけるようないいバッティングができるようにしたいです。

もちくま:最近、よくピッチング練習してるのを見かけるけど、昔から投げてたの?

大野さん:中学校のときからです。

もちくま:エースとしての意気込みをお願いします

大野さん:三振をたくさんとります!

もちくま:そのための課題は?

大野さん:コントロールです。コントロールが苦手では三振も取れませんね(笑)

もちくま:隣にいるバッテリーを組むキャプテンに言いたいことは?

大野さん:お互い頑張りましょう!

もちくま:平野さんから大野さんに言いたいことは?

平野さん:頑張りましょう!

もちくま:監督の安並先生に言いたいことは?

大野さん・平野さん:・・・特にありません。

 とのこと。「特にありません」は悪い意味ではなく、笑顔で話してくれていました。

 では、長くなりましたが、今日はここまで。

午前中授業でした。

 みなさん、こんにちは。

 今日は、昨日から始まった保護者懇談のため午前中授業となっており、みーんな放課後の活動に入りました。

 その放課後の様子を少しだけ紹介します。

 放課後に入って、15分程度しか経っていませんが、ほとんど人がいません!ここは2年生の階なので、みんな部活に行ったのでしょう。列車も11時の便があるので、部活がない子はみんな帰宅したのでしょう。

 このように廊下には保護者懇談待機用の椅子が置いてあったり、待ち時間を利用してみてもらいたい資料を置いていたり、クラスによって様々です。

 そんな中、福岡さんに出会いました。

もちくま:何してんの?あ、保護者懇談?

福岡さん:そうです。

もちくま:今日は懇談で何の話をするつもりなの?

福岡さん:進路についてです。

もちくま:あ、この写真、HPに使っていい?この会話も。

福岡さん:え、あ、いいですよ。

 ということで、保護者の方を待っているところでした。私も数十年前の保護者懇談を思い出します。担任の先生からどんな話があるか、ドキドキしていました。

 さて、次に2組を覗くと、数名の生徒が。

もちくま:何してんの?

生徒たち:部活動のメニューを考えてます。

もちくま:どんな?

河野さん:郷土芸能部なんですけど、練習のメニューを考えてます。

もちくま:ほーーー、んで、何にしたの?

中村さん:基礎打ちをやろうと思います。

 やはり、何事も基本が大切ってことですよね。毎日放課後になると、太鼓の音がどんどん聞こえてきます。地域の行事に出向いて行って演奏することもある郷土芸能部。今後の活躍を期待します。

 さて、そういうしているうちに、本当に人がいなくなってきたので、今日はここまで!さようなら。

 

シェイクアウトえひめ!

 みなさん、こんにちは。

 昨日、ネタがないと騒いでおきながら、今日さっそく紹介すべきことがありました。

 本日11時にシェイクアウトえひめに合わせて安全確保の訓練が行われました。今日はその様子をお伝えします。

 『シェイクアウトえひめ』とは、地震を想定して、参加者がいっせいに身を守るための安全確保行動をとる、誰でも気軽に参加できる訓練です(引用:http://www.pref.ehime.jp/bosai/shakeout2019/)。

 本校でも、11時に放送が入り、全員で安全確保行動をとりました。

 ちょっと覗いてみましょう。

 やってますやってます。

 そんな私も一緒に安全確保!

 この生徒机はけっこう丈夫で、安定しています。ただ、体の大きな生徒には窮屈そうでしたが、頭だけでも守ってほしいと思います。

 授業をしていた先生も隠れます!

 約1分間、地震を想定した効果音と共に、安全確保の指示が放送されました。1分というのは短いようで、じっとしている側からすると長く感じます。本当の地震では、足元もぐらついている状態で、しかも、数回にわたって揺れに襲われます。落ち着いて行動できるように、普段から心がまえをしておくことが大切ですね。

 この後は避難になりますが、地震のあとの避難も注意が必要です。特に落下物です。建物の外に出た後も割れたガラスが降ってくることもあります。危険を想定しながら、安全確保を「自分自身が行える」ように真剣に訓練に取り組んでほしいと思います。また、児童やお年寄りを助け、地域を支える立場でもある高校生なので、まずは自身の安全を守りつつ、周囲をしっかり見ながら、必要なときに必要な行動ができるようになってほしいと思います。みんなの活躍が内子を救うかもしれません!

 ということで、今日はここまで。