2019内子高校だより

野外活動実習!

 みなさん、こんにちは。暑い日が続きます。もう春か???と、理科室の「おやぶん(ニホンヒキガエル)」も元気に脱走を試みています。結局、冬眠しませんでした。熊が冬眠し損ねて町に出没している!というニュースがありましたが、カエルですら冬眠していないのですから、仕方ないですよね。

 さて、今日は朝からグラウンドで元気な声が聞こえていたので取材にいきました。

 なんと、「野外活動実習」ということで、グラウンドでグループ毎にさまざまな調理をしていました。中にはカセットコンロもありましたが、2年前の災害時を思えば、こうして自分たちで普段使わない機材で調理するというのもいい経験かもしれません。もちろん本格的に火おこしからやっているグループもありました。

 本館からグラウンドに出る通路にさっそくブースがありました!

もちくま:何を作ったの?

女の子たち:鍋!

 だそうです。野外活動で鍋!斬新!!外で食べる鍋といえば、愛媛では芋炊きがありますねぇ。

 さらに進むと、一回り大きな集団がいました。どうやら指導されてい先生方も混じっているようです。ここでは炭を使っていろんなものを焼いていました。海と山の幸を存分に堪能しているようでした。

 ここで私もちょこっとごちそうになりました。ありがとうございました。

 さて、どんどん紹介します!

 ここでは、おやつを食べてくれ!と言われました。お菓子が余って困っていたそうです。おやつ持ってき過ぎですね(笑)

 彼らもお腹いっぱい・・・

 元気いっぱいで見ていて楽しくなります。

片づけもしっかり!えらい!でも、慣れない火力に焦げ付いたグループが多いようです。何事も経験ですね。

「家から持ってきました」って、こんな大掛かりな装置を持ってきたんですね!すごい!でもみんなで楽しい実習ができたようです。

 みんな笑顔で楽しそうでした。

 今日、活動したのは3年生です。もうすぐ学年末考査を済ませ、卒業してしまいます。卒業前にいい思い出ができたのではないでしょうか。片付けが終わったら、心機一転、進路実現や学年末考査に向けて勉強に励んでほしいと思います。

 これまで学校を引っ張ってくれた3年生へのご褒美の時間のようにも感じられた、楽しい一日でした。みなさんお疲れ様でした。

総合学習成果発表会(2年)

 みなさんこんにちは

 今日は5、6時間目に2年生総合学習の成果発表会が行われましたのでその様子をお伝えします。

 2年生の総合学習では、地元に関わるテーマで1年間調べ学習、体験活動、調査研究などを行いました。例えば、内子町には有名な「内子座」がありますから、その関係で「狂言を学んでみよう」というテーマがありますし、五十崎では和紙が有名なので「時を翔る和紙の魅力」というテーマもあります。他にも著名人やフルーツ、地元神社に収められている算額などに関するテーマもあります。

 今回は狂言の実演があるので、体育館での発表会となりました。

 

 体育会の壁には写真のように総合学習で作成した絵葉書や小物が置かれていました。また、調べた内容をパネルにしたものもありました。

 そんなに長い時間練習ができなかっただろうに、狂言はとても面白かったです。一生懸命にやっているからこそ喜劇の面白さが伝わってきました。

 発表のための準備時間が十分に取れなかったグループが多かったにしては、みんな上手に発表できていたと思います。こうして人前で発表するという機会もそうそうあるものではありませんので、とてもいい経験となったでしょう。特に高校を卒業してからはさらに、こういう機会は減るはずです。しっかり結果を受け止めて自分を成長させる肥料にしてほしいと思います。

火曜テスト

本校では火曜日の朝のSHRで、1週間ごとに、国語(漢字)と

英語(単語)のテストを実施しています。今週は漢字テストです。

1年間の予定が前もって決まっているので、計画的に毎回のテストに

向けて準備してほしいところです。

今回の結果はどうでしょうか?

テスト前に最終確認。

熱心に取り組んでいます。

 

各学年の成績優秀者は年度末に表彰されます。

1,2年生は、英語、国語共に次回が最終回です。(3年生は2学期で終了)

有終の美を飾れるように次回もがんばりましょう!

 

 

 

 

授業乱入取材①

 さて、新学期がスタートして3週間目に突入しました。1,2年生にとっては次学年の0学期、3年生にとっては高校生活最後の学期で、もっとも在校時間が短い学期です。教員になって何年も経ちますが、3学期になるといつも1,2学期とは違う特別な雰囲気を毎回感じます。不思議ですね~。

 それから、先日、大学入試センター試験が終わりました。本校からも受験した生徒がおりまして、その結果が気になるところではありますが、それぞれがベストを尽くして受験を迎えたと信じています。どんな結果になったにせよ、その過程が今後の人生に大きく関わってきます。受験に限ったことではなく、大会でも何でも、最終的な結果が良ければ成長できて、ダメなら成長できない!なんてものはほとんどなく、そこまでの過程が一番自分を成長させていると思います。いい結果も悪い結果も正面から受け止めてほしいですね。それがまた一つ成長できるきっかけになると思います。

 本題に戻ります。今日は、特にネタがなかったので、アポも取らずに、突然授業に乱入することにしました。今日突撃取材したのは美術Ⅱの授業です。単位数が少ないのでなかなか作業が進まないのだそうですが、すでに来年の文化祭を見据えて作品づくりをしているそうです。

 

 今は、コルクの蓋の廃材を使って、アルファベットなどの文字を表現するのだそうです。出来上がっているものを拝見しましたが、おしゃれな置物として利用できそうです。指導されている徳本先生も、これなら自分の部屋に飾ることができる作品になると思います、とのことでした。せっかく作るなら、今後も飾ってもらえるような作品にしてほしいという指導者の思いがあるようです。

 デザインを決めたら、お気に入りのコルクを探します。

 そして、ドリルや糸ノコを使った作業もあります。怪我しないように慎重に作業を進めていますね。

 先ほどもお知らせしましたが、この作品は来年度の文化祭に展示されます。完成品がどうなっているか、ぜひご覧ください。来年の文化祭は100周年記念文化祭となり、いつもより豪華な文化祭にできたらと思っていますので、ぜひ御来校ください。だいぶ先の話ですけど。

消費者支援講座

 3年生を対象に「消費者支援講座」を実施しました。

 内子町消費生活相談員の方から「消費者トラブルにあわないために」というテーマで、具体的な事例やその対処法などについてお話しいただきました。

 正しい知識や情報を得て、消費者トラブルにあわないように気を付けたいですね。