2021内子高校だより

交通安全講話

今日は、第二学期期末考査最終日。

日頃の勉強の成果は出せたでしょうか?

 

考査終了後には、大洲警察署交通課長武田様から交通安全講話があり、御自身の経験から交通事故の悲惨さについてお話しいただきました。

「誰でも被害者にも加害者にもなる可能性がある。自分のこととして交通について考えてほしい。」とのことでした。

講話終了後、全校生徒に反射リストバンドをいただきました。

自分の居場所を知らせるために、積極的に活用しましょう。

今日の講話の内容を肝に銘じ、これからも交通安全に心掛けましょう!

 

武田様がおっしゃっていた「おじいちゃん、おばあちゃんに、みんなからぜひ伝えてほしいこと」は、もうお伝えできましたか?

皆さんの御家族も、安全に暮らされますように……。

期末考査4日目「克己」

おはようございます。

本日は期末考査4日目です。

終盤戦、疲れがピークに達しているかな。

考査は、学力が鍛えられることはもちろんですが、

しんどい時に頑張れる能力を磨く機会でもあります。

内子高校の校訓は「克己」。自らに勝つ。

教室の前方、その真ん中で、いつもみんなを見守ってくれている言葉を大切にしよう。

みんな、頑張れ。

寒くなりました

 今年の冬は例年よりも寒くなるという予報が伝わっています。何事も「備えあれば憂いなし」ということで、私も不意の積雪に備えて、車のタイヤをスタッドレスに交換しました。皆さんも、交通安全に留意して、ルールを守って無事故でありますように。

 気温が低いですが、我が家で飼っているクワガタ(コクワガタ)は元気に過ごしています。越冬する種類なので、春まで見守っていきます。

 

 

 今日は期末考査3日目。明日からの後半の考査に向けても、体調に気を付けて力強く頑張りましょう!

 

 

 

 

 

救急法講習会

本日は期末考査2日目。生徒は午前中で放課です。

ということで、本校教職員を対象に、救急法講習会が実施されました。

講師は消防署職員の河井さんです。

もしもの時のために…と、真剣に受講しています。

AEDを使って心肺蘇生の手順を確認しました。

実際に起こった時のことを想定して訓練するのですが、気を配ることが多くて焦ってしまいます。

落ち着いて対処することが重要ですね。

大変有意義な講習となりました。

 

いよいよ期末考査が始まりました

今日は、第2学期末考査の初日です。

朝の教室では、教科書やノートを開いて熱心に勉強する生徒たちの姿がありました。

もちろん考査中も、真剣な態度で集中してテストを受けることができていました。

明日・明後日の土日も、時間を有効に使って、万全の準備でテストに臨みましょう。

期待しています。

寒いから、くれぐれも健康には気を付けてね~。

 事務室にいるテディベアも応援しています!

 

 

 

祝全国大会出場!続報 郷土芸能部

 昨日、郷土芸能部の代表生徒が内子町長を表敬訪問し、「全国高等学校総合文化祭」の出場権獲得を報告しました。

 後輩の活躍を喜ばれた町長さんからは、「これからも部活動に勉強に頑張ってほしい」と激励の言葉をいただきました。

 内子高校は明日から2学期末考査です。まずは勉強に全力を尽くそうと気持ちを新たにしたのでした。

 

祝全国大会出場! 郷土芸能部

 去る11月20日(土)、県民文化会館で開催された「第35回愛媛県高等学校総合文化祭」において、本校郷土芸能部が優秀賞を受賞し、来年東京で開催される全国大会への出場権を獲得しました。

 練習を重ねてきた「五十崎大凧出世太鼓」を気持ちを込めて演奏し、会心の演技を披露することができました。嬉しさとともに、いつも私たちを支えてくださっている方々への感謝の気持ちでいっぱいになりました。本当にありがとうございました。

 

心は快晴

土日の秋の陽気はどこへやら…...朝から激しい雨に少し憂鬱になりそうでしたが、生徒の活躍に元気と活力を注入してもらいました。

内子生、熱い!!!よく頑張りました!!!

 

お祝い愛媛県高等学校総合文化祭において

郷土芸能部が全国大会出場を決めました。

全審査員から1位の評価を戴いたとのことで、非常に誇らしく思います。

おめでとうございます。全国大会でも内子の郷土芸能をアピールしてくれることと確信し、応援しています。

美術部、写真部、吹奏楽部の皆さんも、本当にお疲れさまでした。

この日に向けての活動を称えたいと思います。

そして、全国高校選抜大会四国ブロック予選に出場したライフル射撃部の皆さん、お疲れさまでした。総体での活躍も期待しています。

 

えひめ景観シンポジウム2021

 11月16日(火)に内子座にて「えひめ景観シンポジウム2021」が開催されました。

 愛媛大学の先生による「文化資源と生活景」についての基調講演、内子石畳地区で景観と伝統文化の保全や交流イベントの企画運営で成果を上げられている取組の実践発表、「ふるさとの風景―わが町内子の伝統まちづくり」をテーマにしたパネルディスカッションが行われました。

 パネルディスカッションでは、パネリストとして、国土交通省の方、大学の先生、地域活性に尽力されている地域住民の方や大学生の方々と並んで、内子高生三人も舞台に上がりました。

 その中で。内子高校本校の石井さんと北岡さんが「我が町内子の伝統行事に参加して」と題し、「いかざき大凧合戦」に美術部として凧描きを通して参加し、地域について考えたことを中心に発表しました。小田分校からは、北沖さんが「ミニとうろう祭り」と題して、コロナ禍で多くの地域の祭りが中止になる中、小田分校生が自分たちの力で地域に呼び掛けて小さな燈籠祭りを開催したという活動について発表しました。

 写真は、本校の発表の様子です。

発表が始まりました。順調に発表が続きます。

全校生徒にとったアンケート結果の一部です。凧描きの手順です。

 ディスカッションでも三人はそれぞれの意見を述べ、ほかのパネラーの皆さんと一緒に、内子ならではの景観づくりについて考えを深めました。また、専門の方々から有益なアドバイスや提案をいただきました。そして、「気づき」が大切だということも教えていただきました。

 大学の先生からは「若い高校生の皆さんが、こんなにしっかりと考えて活動し、自分の思いをきちんと発言できてすばらしい。」とお褒めの言葉をいただきました。

 石井さん、北岡さん、北沖さんは、それぞれ本校・分校の代表として頑張りました!共に活動してきた本校美術部員の皆さん、分校「ミニとうろう祭り」の実行委員の皆さんも、それぞれの活動を頑張りましたね。

 これからも、全校生徒で、様々な活動を通して、内子・地元地域への理解と愛着を深めていけるといいですね。

 

進路を考える

 今日は、総合的な探究の時間に、1年生は内子町内企業等説明会、2年生は学校・学科別進路説明会が開催されました。 

 多くの企業や専門学校、大学、短期大学の方にお話をしていただきました。生徒はそれぞれ現在の興味・関心に合わせて、企業や学校のブースを回りました。

 

 1年生の企業等説明会の様子です。就職を希望している2年生も、企業の方からの説明を熱心に聴いていました。

 

 次は、2年生の学校説明会の様子です。

 

 

 

 みんな真剣に話を聴いていますね。質問をするなど、企業の方や学校の方と対話をしている場面も見られました。

 高校卒業後の進路について考える良い機会になったのではないでしょうか。今日の説明会でのことや、この会で気になったことなどを保護者の方と共有してみるといいですね。

 自分の進路を見据えて、今後も日々の学習や部活動に意欲的に取り組んでいきましょう。

 貴重なお話をしてくださいました各学校・企業等の皆様に、感謝申し上げます。

Welcome to Uchiko!

 新しいALTのコディー先生が来校されました。

   今日は2・3年生の授業で、クイズ形式による自己紹介をされていました。

 昼休みには、校内放送でコディー先生がお話をされました。

 明日も来校されます。どのクラスに来られるか楽しみですね。

 

秋空の下

11月13日(土)

 いよいよ秋も深まり、落葉樹が紅葉の見頃を迎えています。

 国道を走りながら、知清河原で多くの人がゆっくりと過ごされているほのぼのとした光景を見ました。1日も早く、もっと安心できる日常生活が戻ることを願います。

 さて、内子町には駅から約10分ほどの所に内子公園がありますが、この日も多くの生徒たちが元気に活動していました。

 秋晴れとまでは言えませんが、恵まれた秋空の下、野球部は大洲農業高校と、サッカー部は松山中央高校と練習試合をし、互いの技術を競っていました。

 サッカー部の練習試合を見て、昨年11月15日に南宇和高校を迎えての創立100周年記念試合が行われたことを思い出し、1年は過ぎてみれば本当に早いものだと実感した次第でした。生徒たちは、101年目という新しい歴史の中、精一杯の活躍をしています。

 

野球部練習試合2野球部練習試合テニス部練習

 サッカー部練習試合サッカー部練習試合2

人権・同和教育ホームルーム活動

 本日6限目に、人権・同和ホームルーム活動を実施しました。

 

 1年生は「差別の現実に学ぶ」という主題で、長崎原爆から学ぶ平和の尊さや性的マイノリティーについて、2年生は「解放令」から「水平社宣言」までの人権の歴史について、3年生は結婚差別に焦点を当てて、差別の解消について学びを深めました。

 

 人権委員や担当班のメンバーが司会進行を務めたり、グループで話し合ったりしながら、どのクラスも真剣に取り組んでいました。

 今日学習したことについて、ぜひご家庭でも話し合ってみてください。

 

防火・防災避難訓練

本日6限目は、防火・防災避難訓練でした。

あいにくの天候だったため、教室にて、内子消防署職員さんの講話をうかがい、動画を見て、防火・防災について学びました。

また、未来の消防団加入促進事業として、

地域の消防団の大切さも教えていただきました。

郷土芸能部 屋外で久々の演奏活動

 去る11月7日(日)、大洲市にある複合型介護施設「キネマ」を訪問させていただきました。屋外での演奏は久しぶりで、和太鼓の音と元気なかけ声が爽やな青空に響き渡りました。持ち曲4曲とよさこい踊りの「内子騒乱」を披露し、アンコールもいただくなどして、入所者や職員の方々に楽しんでいただきました。部員にとっても、充実した楽しい時間になりました。

 

 

 

この花なんの花?

本校玄関を彩っているこの植物。

何という植物か、ご存じですか?

これはコキアという植物で、美しく色づいているのは実は花ではなく葉です。

こんもりとした丸い形で色鮮やかに紅葉し、生徒を温かく迎えてくれています。

ナイスガイな本校職員による、入念な手入れの賜物でしょう。

南ヨーロッパ原産のコキア……別名ホウキグサともいい、ほうきの原料にもなるそうです。

 

雨にも負けず

 今日は1日どんよりした天気でした。第2学期末考査を今月末に控えている内子高校生は、そんな天気にも負けず、授業に取り組んでいました。

 さて、授業が終わったら多くの生徒は部活動です。活動が天候に左右される屋外の運動部はとても不安な様子。いつ降り出すか分からない雨に備えて、テキパキと準備をしていました。

 

 

 ……その後、天気予報どおり夕方から雨が降り出しました。雨に濡れて帰って風邪をひくなど、生徒のみんなが体調を崩しませんように……。

 

 

 

生物室の仲間が増えました。

 今日は生物室の新入りさんたちを紹介します。

 先日、お伝えしていた大きな水槽に川魚が入りました。授業で捕獲を!と思っていたのですが、町内は釣り禁止?と思われる場所が多かったり、いざ行こう!とすると大雨がっ降ったりと、うまくいきませんでした。

 そこで、もう売られている餌用の川魚を購入して入れることにしました。

 写真ではちょっと見えにくいでしょうか。実は様々な種類の魚が20匹ほど泳いでいます。

 何が何匹という指定はできなかったのですが、ざっと見た感じでは、アブラハヤが一番多くて10匹ほど。フナやコイの稚魚が数匹という感じでしょうか。

 元気に大きくなってほしいと思います。

★★訃報★★

 今までみんなのアイドルだった、ウーパールーパーのまさおくん(仮名)がついに亡くなってしまいました。本校に来た時に既に高齢だったのですが、あれから5年。よく頑張りました。最後の3か月はほとんど餌が食べられずに、痩せていくばかりでかわいそうでした。数日前にはお腹に空気が入って浮かんでしまったりしていて、そろそろかなぁ、、、と心配していましたが、それから3日後に、永眠しました。

 今まで生物室のアイドルとしてよく頑張ってくれました。本当にありがとう。

 生徒の皆さんも、まさおくんによく親しんでくれましたね。ありがとう。新入りさんたちについても、またこれからよろしくお願いします。

 

 

 一つ前の「内子高校だより」のクイズの答えです。

   1 こはるびより 

   2 B(春と間違わないでね。)

 

 

小春日和に日向ぼっこ

 ツマグロヒョウモン(オス)という蝶々がグラウンドの隅で日向ぼっこをしていました。

 昆虫界に珍はしく、この種だけはオスが地味な色をしていて、メスがきれいな色をしています。有毒のチョウのカバマダラに擬態していると言われていて、ヒラヒラと飛ぶ姿も似せているそうです。ツマグロヒョウモン(オス)

 朝夕はだいぶ寒くなってきた内子町。しっかりと体調管理をして、内子高校生頑張っていきましょう(^^)/

 

 

 

   【クイズ】1 タイトルの「小春日和」ってどう読むでしょう?

        2 タイトルの「小春日和」の意味として正しいのはどれでしょう?

         A 春の終わり頃の、ぽかぽかとした暖かい天気

         B 冬の初め頃の、のどかで穏やかな暖かい天気

          Ⅽ    夏の真ん中頃の、暑くても過ごしやすい天気   

             正解は、次の「内子高校だより」を見てくださいね!

 

 

物理基礎実験

 2年生「物理基礎」の授業における気柱共鳴の実験の光景です。ガラス管内の水面の高さを変えることで、音が大きく(共鳴)なったり小さくなったり……。互いに協力し合って、科学の不思議に挑みました!

うちこ文化祭作品展に出品

 「第13回うちこ文化祭作品展」が、内子文化創造センター(内子自治センター・内子町図書情報館)を会場に開催されています。

 本校の美術部・写真部の作品も展示されています。

写真部作品写真部作品

写真部作品写真部作品

美術部作品

美術部作品美術部作品

 この「内子高校だより」がプチギャラリーになりましたが、お時間があればぜひ現物を御覧ください。個人的なおすすめは、被写体が同じ猫の作品です。三人の部員が撮影した作品ですが、撮影時の様子や3枚それぞれの猫の表情からストーリーを想像して見てみると楽しいですよ。

 本校生の作品のほか、内子小学校・内子中学校・内子児童館・文化協会内子支部の皆さんの作品をはじめ多くの素敵な作品が展示されています。

 明日11月3日は「文化の日」。本校生の皆さんも、足を運んで芸術に触れてみませんか。

 ※うちこ文化祭作品展の日時:11月2日・3日 9:00~17:00

文化祭が行われました!Ⅱ

 前の記事に続いて、文化祭の様子の一部をお知らせします。

 美しいものあり、思わず笑顔になるものあり、深く考えさせられるものあり……見ごたえ・聴きごたえ十分でした。

 閉会式で校長先生が言われたように、各クラス・部活動・委員会・有志等で、見る人をどうしたら楽しませることができるかということを、それぞれによく考えたことがうかがえる展示・発表でした。

2年生総合的な探究の成果家庭クラブ作品

有志によるステージ発表・熱唱全校生徒の笑顔

ようこそ図書の世界へ切り取った一瞬の輝きに感動

内子の文化・笹飾りとともに平和の意味を考えながら…

 片付けも協力してスムーズに行えました。

一緒に頑張りました片付けでも友情が深まりました

 生徒会役員の皆さん、各展示・発表を担当した全校生徒の皆さん、お疲れ様でした。また一ついい思い出ができましたね。

文化祭が行われました!

 無観客・時間短縮で文化祭を開催しました。短い時間ながら、趣向を凝らした展示や出し物があり、内子高校に笑顔の花がたくさん咲いていました。

 来年度の文化祭は、保護者の皆様をはじめ多くの皆様に御観覧いただけるようになればいいなと思います。皆様の御理解・御協力に感謝申し上げます。

 

文化祭に向けて準備中です

10月30日(土)に行われる文化祭の準備の様子です。

 

 


 



 

 

 

コロナウィルス感染予防のため、残念ながら食事を伴うバザーは実施できません。今年度も、クラス展示や体育館でのステージ発表が中心です。

 

中庭の木の葉も、秋らしい色になっています。

落ち葉で掃除が大変になる時期も、もう少しです。

土曜日は文化祭!本日は「クイズ違和感」!

 土曜日の文化祭に向けて、クラスや部活動・委員会など各グループの準備が着々と進んでいます。

 そして、下の写真は文化祭の発表等が行われる体育館の写真です。

 さて、どこが「違和感」でしょうか?

文化祭に向けて

10月30日(土)の文化祭に向け、準備が進んでいます!!

 

上の写真は、とあるクラスの準備中の様子です。

オリジナルMVを撮影中とのこと。

そして、展示作品は校内の至るところに。

どんな文化祭になるかお楽しみに!!

 

なお、文化祭も無観客で本校の生徒・教員で行います。

文化祭の様子は、後日、当「内子高校だより」に掲載しますので、ぜひ御覧ください。

令和3年度「えひめ教育の日」推進大会・推進フェスティバル

 先日10月23日(土)に、令和3年度「えひめ教育の日」推進大会・推進フェスティバルが開催されました。本校からは、郷土芸能部と美術部が活躍してくれました。

 

 当日の朝、郷土芸能部が太鼓の搬入を行っている様子です。写真では分かりにくいですが、実際に見ると非常に大きな太鼓です。写真を見るだけでも、思わず腕に力が入ります。

 

 

 会場に着くと、前日に美術部を中心に1時間かけて飾られた壁面笹飾りが出迎えてくれました。圧巻です。

 

 

 さて、郷土芸能部のリハーサルが始まりました。コロナ禍のため、1年生にとって校外で演奏するのは初めてで、緊張した面持ちで演奏していました。

 

 

 そして本番、堂々とした迫力のある演奏でした。

 

 

 全力な姿、心からの笑顔、体の奥まで響く太鼓の音。本校郷土芸能部の演奏を聴くと、毎度目頭が熱くなってしまいます。本校の誇りの一つです。

 

 久々の本番のせいか、演奏後の生徒たちは疲れ切っていました。お礼でいただいたバナナを食べて元気になってくださいね。

 

  後日、主催者の方から連絡がありました。参加者の多くの方々が、郷土芸能部の演奏・美術部の作品を絶賛してくださっていたそうです。

 

第14回「えひめ教育の日」推進大会・推進フェスティバルに向けて

 22日の放課後、美術部員が会場である内子共生館で取り付け作業を行いました。展示期間は明日1日間です。

 会場への一般の方の入場ができないのが残念ですが、任務が終わって部員全員ホッとしていました。

    

 

 23日の当日には、会に参加された多くの方々から、「すばらしい作品」「すごい時間をかけて作られたんでしょうね」と、賛辞をいただきました。

受験シーズンです

 3年生は受験シーズンを迎え、放課後遅くまで総合型選抜や推薦入試のための面接練習や勉強をしています。

 厳しい面接練習に心が折れそうになることも…

でも、仲間と教え合い、励まし合って頑張っています。

 嬉しい報告が聞けますように‼

2年生 地域等研究の全体発表会を行いました!

 10月20日の午後、2年生は、1学期から取り組んできた地域等研究(「総合的な探究の時間」)の全体発表会を行いました。

 内子八幡神社の算額、内子町のサイクリングマップ、五十崎大凧、内子座、内子町での就職、プログラミング、紙の魅力、プラごみ削減、ノーマライゼーション、ボランティアなど、テーマは多岐にわたります。生徒たちは、見栄えのするスライドを用いながら分かりやすく説明していました。

 

 

 〈生徒の感想〉

・相手に伝わる分かりやすいスライドを作るにはどうすればよいのか、いろいろ試行錯誤しながら慣れないパワーポイントに挑戦したが、自分では良いものが作れたと思う。(男子)

・メンバーと協力して調査したりスライドを作ったり、うまく分担しながら作業ができ、全体発表もスムーズにできました。コミュニケーション力や協調性などを身に付けることができたと思います。(男子)

・実際に体験した内容や意見を分かりやすく簡潔に説明していたので、とても聞きやすかったです。地域での探究活動が多く、もっと内子町を知りたいなと思いました。(女子)

・興味のあることを詳しく知ることは、とても大切だと思いました。知らなかったことを新しく知ると、すごくワクワクしました。もっと様々なものに興味を向けていこうと思います。(女子)

秋の深まり ー合服が増えましたー

秋の深まりを感じるこの頃です。

校庭の木々も紅葉し始めています。

そして、制服も秋の装いが増えています。各自の体調に合わせた服装で、今日もみんな頑張っていました。

3年生

授業開始 英会話

 

 

 

 

 

 

 英会話で英語の授業開始です        タブレットで時事問題を検索中

2年生

休憩中

 

 

 

 

 

 

 数学の問題を解答中            休憩時間、休憩中のペンケース

地域研究の発表に向けて

2年生は、総合的な探究の時間に地域等に関する研究を行っており、

20日(水)には研究成果の全体発表会が予定されています。

  

皆さん、これが何か分かりますか?

どのような研究成果を聞くことができるか、楽しみです!

内子高校見学会

 10月17日(日)に、内子高校見学会を行いました。コロナ禍により8月から延期をしての実施でしたが、120人以上の中学生の皆さんが参加されました。

 中学生の皆さんは、生徒会による学校紹介のほか、10の講座の中から2講座を選んで体験授業を受講し、内子高校を体感されたことと思います。

 その後、郷土芸能部と吹奏楽部の演奏があり、部活動見学となりました。

 見学会では、中学生の皆さんの、話を聴く際のきれいな姿勢と、講座への熱心な取組が印象的でした。

 生徒会長の言葉にもありましたが、来年度、内子高校生として共に充実した日々が送れることを楽しみにしています。

全体説明 生徒会長から学校紹介

教室に掲示されていたウエルカムボード 講座の様子1

講座の様子2 講座の様子3

郷土芸能部演奏 吹奏楽部演奏

 

 

読書の秋

【読書の秋 】

 秋は読書に適した季節でもあります。本校では、金曜日のSHR時に朝読書を実施しています。本日は1年生の教室を覗いてみました。すると、時に目を輝かせたり微笑んだりしながら読書する様子を見ることができました。読書は、読む力、考える力、豊かな心を育んでくれますね。感性が研ぎ澄まされた内子生、素敵です☆

 

 

【勉強の秋 】

 3年生商業コースの授業風景です。珠算・電卓実務検定、簿記実務検定、ビジネス文書実務検定、情報処理検定、商業経済検定と、様々な資格取得に向けて懸命に取り組んでいます。将来、企業や地域において即戦力となれるよう、コミュニケーション能力をはじめとする専門的な知識、技術の習得に励んでいます。3年生の真剣な眼差しがカッコイイ☆

 

 

「大人のひみつ」

 本日6時間目の「総合的な探究の時間」に、1年生を対象にして、「大人のひみつ」と題した「類型選択説明会」が実施されました。来年度の自分の類型を考えるためのヒントがたくさん詰まっていました。生徒は、広い体育館にゆったりと座って、真剣な表情で大きなスクリーンを見つめていました。

 

火曜テスト

本日は、英語の火曜テストの日です。

写真は、まだSHRが始まる前の教室の光景ですが、多くの生徒が席について勉強をしています。

時間を無駄にせず、テストに取り組めましたね。

こんにちは、図書委員会です。

 先週金曜日の放課後に、文庫本のフィルム掛け作業を行いました。

 図書室にある本の表紙にはフィルムが掛けてありますが、これらは手作業で行っています。今回、図書委員がその作業を体験しました。今日はその様子をお知らせします。

 まずは、図書室の業務をしてくださっている矢野先生から説明を受けます。

 本のサイズに合わせて、フィルムに折り目を付けています。

 片面ずつ慎重に張り合わせていきます。

 両面とも張り合わせて、仕上げに余分なフィルムを切り落とします。

 真剣な眼差しで、黙々と作業を進めました。

 図書委員の皆さん、お疲れさまでした。貴重な体験になりましたね。

 全校生徒の皆さん、図書室の本を手にした時、カバーにもちょっと注目をしてみてくださいね。

 

いよいよ秋本番、受験勉強本番

 

 朝夕涼しくなりました。今朝は通勤の際、車の温度計が22度を表示していました。しかし、10月に入り、穏やかな日を過ごすつもりが、まだまだ日中温度が30度を超えるような信じられない日々が続いています。皆さん、体調管理に気を付けてくださいね。

 皆さんもテレビや新聞で目にしたと思いますが、地球温暖化について50年以上前から着目し、研究し続け、ノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎さんの偉業には目を見張るものがあります。インタビューでの英語によるスピーチでは、「気候変動の研究を楽しんでいる、私の全ての研究活動が好奇心によって突き動かされている」と言われていました。90歳にしてなお、飽くなき向上心で仕事に臨まれる姿。愛媛県出身ということもあり、何か私たちに訴えかけるものを感じますね。

 皆さんも御存じかと思いますが、過去に愛媛県でノーベル賞を受賞された中村修二さんは伊方町出身で大洲高校に通われ、大江健三郎さんは内子町の出身です。もしかしたら、私たちが日頃何気なく見ている景色をお二人も見ながら過ごしたのかもしれませんね。

 真鍋さんのコメントから何かを感じ取り、今の自分の小さな努力の積み重ねが将来の自分を作り上げるものだと信じて、生徒の皆さんにも頑張ってほしいものです。やってやれないことはない。

  

内子町について学ぶ(地域理解研修)

10月6日(水)6時間目の1年生の「総合的な探究の時間」に、主権者教育及び地域理解の一環として、本校の佐川教諭による「内子町について知ろう」の講演を実施しました。

 

内子町の現状に加えて、旧町の特徴や廃校を利用した新しい特産品についてなど、内子町について詳しく知ることができました。

また、内子町が抱える課題も提示され、今後の内子町について考える機会になりました。

実施後の感想文には

・旧町のそれぞれの特徴を詳しく知ることができた。

・行ったことのない場所もあるので、ぜひ行ってみたい。

・知らなかった問題を知ることができ、地域のために何かしようと思え

   るいい機会になった。

・1時間で内子町の魅力をたくさん知ることができた。

などの感想が書かれていました。

 

食用コオロギを使った新しい特産品については、「一度食べてみたい」「食べたくない」と意見が分かれていたようです。

 

 

 

 

壁面笹飾り完成・内子座バージョン(美術部)

 10月23日(土)に開催される「えひめ教育の日」推進大会・推進フェスティバルにおいて、会場である内子町共生館に展示します。本校の郷土芸能部も和太鼓演奏をするので、放課後頑張って練習をしています。

         美術部員全員で一生懸命取り組み、ついに完成しました。

                                当初の完成イメージです。

 

                                   最終の展示イメージです。

 制作方法は、絵の具で着彩するのではなく、画用紙や色紙を一枚一枚丁寧に張り合わせ、モザイクのような表現で立体的に見えるように工夫しています。

 今回の「えひめ教育の日」推進大会・推進フェスティバルは、コロナ禍のため、一般の方は入場できません。そこで、本日ホームページ上での披露となりましたが、今後機会がありましたら、ぜひ多くの方に実物を御覧いただきたいと思っています。

 

 

 

カンカラ三線

 「僕が生ま~れた~ この島の~そら~を~」

  皆さんはこの歌詞を見て、曲名が何かお分かりでしょうか。そうです。沖縄出身のアーティストで結成されたバンド「BEGIN」の名曲、「島人ぬ宝」です。ボーカルの比嘉栄昇さんが、沖縄の伝統楽器である三線を演奏しながら歌います。

 

 さて、1年生の音楽の授業では、その三線を実際に作って演奏しようという授業を行っています。本校では、三線の中でも、缶を使って作製する三線「カンカラ三線」を採用しています。こちらが実際の作製キットです。

 

 

 

 今日は、カンカラ三線を作製する前段階として、三線に関する知識や、沖縄の歴史を学びました。

 

 

 第二次世界大戦で激戦地の一つとなった沖縄では、当時カンカラ三線が人々を励まし続けたと言われています。

 

 今後は、カンカラ三線を作製し、My楽器で演奏技術や伝統的な歌唱方法を身に付けていきたいと思います。完成が待ち遠しいです!

秋晴れの下

 今日は2学期中間考査明け最初の授業日、きれいな秋晴れの一日でした。

 本校では、体育の授業でフリスビー競技のアルティメットを今学期採用しています。接触してはならない競技であるため、感染症対策に配慮した授業を展開しています。

 10月に入り、朝晩は少し冷え込むようにもなりましたが、日中は気温が30度近くあります。熱中症対策にも十分に配慮しながら、授業を行っています。

 生徒の皆さんには、様々な競技に触れ、スポーツの楽しさ、すばらしさを感じてほしいものです。

部活動の秋

 本日で第2学期中間考査が終了しました。

 考査終了のチャイムが鳴ったときの内子高校生は、 自信たっぷりな表情あり、やりきった表情あり、 悔しそうな表情あり、一人一人が全く違う表情をしていました。 みんな、お疲れさまでした!


 さて、考査が終了したので、多くの部活動が元気に活動していました! 「芸術の秋」「スポーツの秋」と言われますが、 高校生からしたら「部活動の秋」ですね!


 野球部は、久しぶりの練習で元気よくプレーしていました。

  監督から「今日を大事に練習しよう。テストの後だから、 ゆっくりしている友達もいれば、遊んでいる友達もいると思う。 そんな今日、僕たちは野球の練習をする。 こういう日に集中して取り組むことに必ず価値がある。」 という話もあり、選手たちはいつも以上に集中して取り組むことができました。

 
 背中には「克己」と「不撓不屈」の文字。

 野球部員だけでなく、 内子高校生は今日も頑張っていました!

一足先に冬支度

 

 グラウンドのニセアカシアの木はトゲだらけ。そんなトゲだらけのニセアカシアを、人情味あふれるトゲのない業務員の徳田先生が丁寧に剪定してくれました。

 明日から10月。今年ももう終盤戦。3年生は進路実現に向けて、中間考査と並行して頑張っています。中間考査も明日が最終日。がんばれ内子高校生!

中間考査2日目

    みなさん、こんにちは。

 今日は、2学期の中間考査2日目です。1年間で5回の定期考査が行われますので、今回はちょうど真ん中の3回目になります。今回を入れて残り3回ですから、決して多いとは言えません。毎回全力が出せるように、勉強方法を研究し、自分のスタイルを確立してほしいと願います。なにせ、高校卒業しても、ずっと、いろいろなことを勉強し続けないといけないのですからね。

 さて、今日は新しい視点で考査の様子を紹介したいと思います。どういう視点かというと、私の視点です。

 今日、私が担当する科目のテストが行われました。自分が作問したテストを実施しているときは、自身が気付かなかった問題ミスがある可能性もあるので、考査時間の途中で教室を巡回し、その際に生徒たちの様子を見ます。その様子をお伝えしようと思います。

 さて、考査を開始して30分が経過しました。生徒が頑張っている各教室に向けて出発です。教員にもよりますが、私は考査時間50分の半分過ぎたくらいに出発します。生徒が問題を一通り見ることができたくらいの時間がいいかな、という考えです。

 では、職員室を出ます。

廊下を歩いていくと、、、

突き当りには、昨年度卒業した生徒の作品が掲示されています。昨年のHPにこの絵についての記事があるので、ぜひご覧ください。

ふと窓の外を見ると、快晴で、雲が一つも見えない、気持ちのいい空でした。

 さて、いよいよ教棟です。私たちも子どもたちの日頃の様子を見ながら考査を作ります。難しすぎず易しすぎず、頑張った成果と達成感が得られるよう、程よく思考力、知識力を問う問題を目指しています。が、やはり実際に解いている子どもたちの顔や解答用紙を見るのはドキドキするものです。

 今回は2年生のテストでしたので、2年生の教室を周ります。さすがに中では撮影できませんので、廊下からの撮影です。

では、前の入り口から行ってきます。「失礼します。」

はい、終わりました。次のクラスです。

はい、終わりました。そして、最後のクラスです。本校は3クラスが同じ階にありますから、巡回するのには時間がかかりません。

終わりました。問題に大きなミスはなく、子どもたちも最後まで取り組んでいました。しっかり勉強ができている生徒はほとんど終わっているようにも見えましたが、何度も見直しをして、少しでも高得点を!という気持ちがよく伝わってきました。

 さて、職員室に帰りましょう。廊下はとても静かです。

 あ、そうそう、そういえば、理科室の話です。

 生物室のアクアリウムが充実してきました。せっかくなので、紹介します。

 

上の写真が巨大水槽です。外部ろ過装置も整っています。

中はこのようなレイアウトにし、今後、地元の川魚を入れたいなと思っています。水槽の中は生物選択の生徒と一緒に作っています。生き物もその生徒たちと一緒に採集していきたいなと思っています。

 この機会に、そのほかの水槽も紹介します。オオカナダモばっかりで見えにくいですが、、、

この水槽には、数年前に川ですくった川魚が3匹います。たぶんアブラハヤですね。

こちらの水槽には、5年前くらいからウーパールーパー(アルビノ)がいます。

この水槽は小さいですが、ヌマエビが繁殖していました。オオカナダモを入れてほったらかしていたのですが、、、、生き物の力はすごい。

 

そして、最後に、ミシシッピアカミミガメです。かなり大きくなりました。外来生物ですので、川などに放つことはできません。

 今、生物教室で私が特に熱中しているのは、プラナリアの増殖です。プラナリアとは、再生能力に優れた生物で有名です。オオカナダモを取りに行ったときに偶然一緒に捕まえることができてから、生物選択生徒と一緒に増やし続けています。どうやって増やすのかというと、、、有性生殖もしますが、今のところは、優れた再生能力を生かして、強制分裂させています。つまり、カミソリで何個かに切断するのです。切断されても、それぞれが再生して復活します。たくさん増えて大きくなったら、また紹介します。

 このように生きた教材を目の当たりにしながら、生物選択生たちは学んでいます。

 では、長くなりましたが、今日はここまで。

 

〇〇の秋

 金曜日に生徒会役員選挙があり、新しく生徒会役員が決まりました。新役員の皆さん、内子高校のためにこれから頑張ってください。また、全校生徒の皆さん、皆さん一人一人が生徒会の一員です。新役員を盛り立てながら協力し、みんなで内子高校をより素晴らしい学校にしていきましょう!

 秋らしく朝晩だいぶ涼しくなり、過ごしやすくなってきました。さて、秋と言えば、

   読書の秋

  芸術の秋

   食欲の秋

  スポーツの秋

 

などいろいろありますが・・・・・・

   勉強の秋でもあります。

 明日から中間考査が始まります。

 しっかり勉強して〇〇の秋を楽しみましょう!

 

オンライン生徒会役員選挙

オンラインでの生徒会役員選挙が行われました。

立候補した8人が、教室で見ている全校生徒に決意表明を力強く語り、訴え、投票を呼びかけました。

10月に予定されている文化祭が、新しい生徒会のリーダーのもとで行う初めての行事になると思います。

「高校生のための文化講演会<オンライン配信>」が行われました

 本日22日(木)の7限目に、公益財団法人 一ツ橋文芸教育振興会  「高校生のための文化講演会<オンライン開催>」がありました。講師は 集英社 学芸編集部の福井由美子先生、演目は「明日も世界のどこかでひとりっぷ®」でした。

 保護者の皆様には、ぜひお子様から本日の講演内容について聞いていただき、振り返りの場を設けていただけたらと思います。

 本日の講演会について、後日新聞記事が掲載される予定です。

  

考査発表+「クイズ違和感4」

本日は第2学期中間考査発表日です。

年間5回ある定期考査の真ん中です。生徒の皆さんは、どうことか分かりますね?

つまり、ここ、大事ってことです!

ということで、「クイズ違和感4」です。

今回は分かりやすい「違和感」です。