2019内子高校だより

人権について考える!

 みなさん、こんにちは。

 今日、本校では1,2年生において人権・同和教育ホームルームが行われましたので、その様子を少しお知らせします。

 人権・同和教育ホームルームでは、同和問題をはじめとしたさまざまな人権課題に直面したとき、自分らしさを忘れることなく、前向きに問題解決に向けて取り組める資質を育てるために行われています。

 今日、お邪魔したのは2年生です。1年生の授業は私が2年生で授業を行っている間に終わってしまっていました!すみません。

 2年生では、同和問題の歴史を学んでいます。3学期では現在の取組やこれからの課題なども含めて来年度につながる学習をしていきます。

 

 どのクラスも、班のメンバーや担任の先生たちと一緒に考え、人権について学んでいるように感じました。

 私事で恐縮ですが、人権・同和教育ホームルーム活動なんかいらないんじゃないか!そういう活動をするから、差別を掘り起こして、助長しているんじゃないか!という方がおられるのを耳にしたことがあります。私も大学の時に学び、同じ意見を持ちました。しかし、その後、実際に臭いものに蓋をして100年ほど静観したときがあったこと、そして、その結果何も変わらなかったという事実があることを学びました。私が生まれ育った地域では、同和問題についての学習が盛んではありませんでしたので、恥ずかしながら大学までそういう問題があることを知りませんでした。でも、そこで学べたから、また、愛媛県にきて学ぶことができたから、知らず知らずのうちに人を傷つけることをしなくて済んだのだと思っています。

 何もせずに放置した結果、何も変わらなかったわけですから、やはり積極的に学び、被差別の立場になって感じることは、同和問題のみならず多くの人権問題の解決につながる必要なことだと思っています。

 もしかしたら、100年では少なくて、200年放置していたら、同和問題は解決するんじゃないか!と言われるかもしれません。しかし!それは、今現在差別されている人たちに200年間我慢をしろと言っているのと同じことなのです。

 誰もが健康に幸せに生きる権利があるわけですから、みんなでお互いを思いやりながら生活できたらいいなあと思います。

 

芸術に触れる!

 みなさん、こんにちは。

 今日は、先日、愛媛県高等学校総合文化祭において、優秀賞を受賞した河野阿弥さんにインタビューしました。というのも、現在、職員室を出た廊下の突き当りにその作品が展示されているからです。見れば見るほど、素晴らしい~~~~ということで、直接話を聞いてみたいと思ったわけです。

 遠くで見てもきれいなのに、近くで見てもすごくきれいでした。

 一匹一匹の金魚が丁寧に描かれていて、金魚への愛を感じます。さっそくインタビューしてみましょう。

もちくま:制作期間はどれくらいですか?

河野さん:3~4か月くらいで、美術室や家で描いていました。

もちくま:思ったより短いですね、なんで金魚を題材に?

河野さん:金魚は泳ぎ方やひれの動きがとてもきれいで、一回描いてみたかったんです。

もちくま:どの金魚を見て書いたの?家にいる?

河野さん:携帯で検索して、その画像を少し参考にして描きました。

もちくま:なるほど。金魚がたくさんいて、どれも好きだと思うんだけど、特にお気に入りの金魚はいますか?

河野さん:これです!

もちくま:なんで?

河野さん:これは黒の絵の具だけを使って、上手に濃淡を表現することができたと思うんです。

もちくま:お~、確かに。ところで、一匹描くのに、どれくらいの時間がかかるの?

河野さん:1時間くらいですね。

もちくま:これ何匹いるんですか?

河野さん:90匹です。

もちくま:さっき数えたら88匹で、美術部顧問の先生に確認しても88匹だった言われたけど。。。

河野さん:じゃあ、88匹です!(笑)

もちくま:適当~~~~~!でも、すごい数。どれもきれいだけど、これは、失敗した!というのはいるの???

河野さん:います(笑)これです。なんかエイリアンみたいになっちゃいました。

もちくま:え?そうなの?こういう顔の金魚いるから、違和感なかったです。間違えても消せないから、大変だったでしょうね。

河野さん:そうなんです。薄めることはできるけど、基本的に消せません。

もちくま:賞をもらったときの感想は?誰に伝えたいと思ったの?

河野さん:驚きと嬉しさでいっぱいでした。すぐに母に伝えたいと思って伝えました。そしたら、すごいね、がんばったね!って言ってくれました。

もちくま:色々ありがとうございました!今後の活躍をお祈りします!

 

 ということで、いかがだったでしょうか。88匹の金魚たちは1つとして同じものがなく、みんな個性を持っています。今にも泳ぎだしそうなリアルさがあって、ぜひ一度は皆さんに見ていただきたい作品です。機会があれば、ぜひ!

 

進路ガイダンス開催(1年生)

 2月12日(水)の5・6時間目に1年生を対象として「進路ガイダンス」が開催されました。興味のある分野に分かれて、いろいろな体験をしたり話しを聞いたりして、進路意識を高めることができました。

目指すは、自動車整備士?

医療秘書?

プログラマー?

美容師?

調理師?

デザイナー?

 

2月第2週スタート

 みなさん、こんにちは。最近寒くて、やっと冬になったという感じがします。朝と夜だけですけど。

 さて、今日は家庭学習期間に入って、3年生がいなくなった3Fの様子をお伝えします。先週の金曜日は登校日だったので、賑やかになりましたが、やっぱり3年生がいないと寂しく感じます。特に今年の3年生は人懐っこくて元気な生徒が多かったので、なおのこと学校が静かに感じます。

 3Fへ続く階段ですが、以前はここらへんから賑やかな声が聞こえてきていたのですが、今はひっそりとしています。

 休み時間の廊下です。人がいませんね~。数名はいるようですが、寒いので、外に出ません。今来ている子たちは、受験のための勉強をしている子たちです。

いました、いました。この教室では補習待機の生徒が自主学習をしています。2月末の2次試験や大学個別の学力テストに備えて準備中です。

こちらは補習の様子です。外から撮影しました。このように少人数制の講座が複数設置されて、生徒たちが自分の進路に必要な科目の勉強をしていきます。

本校では、就職、専門学校、短大、大学と進路選択は多岐にわたり、それぞれに応じた指導ができるように努めています。

仲間が少ない状態での勉強はつらいと思いますがその先に、やり切った!という達成感があれば、結果はどうあれ、きっと自分を成長させてくれる時間になると思います。そのためにも、今できることを精いっぱいやりきってほしいと願っています。

私事で恐縮ですが、私は得意分野がはっきりしていたので、推薦で大学受験をしました。そのため、センター試験に本気で挑むことなく現在を迎えています。でも大学に行って感じたのは、センター試験を通じて一般受験した人たちとの違いでした。彼らは粘り強さと行動力、集中力があり、当然基礎学力も高い子が多く、少し誇らしげに見えました。きっと、長く苦しい学習を続けて、大勝負をしてきたセンター試験受験者たちは、点数とは別に大切な能力をたくさん身に付け、さらに、それに自信を持つことができているんだろうな、と感じました。そして、きっと彼らは社会人になるための大勝負でも力を発揮するだろう、と将来のライバルたちの勇姿を見て焦ったものです。

だから、一般受験を選択した子たちには、ぜひ最後まで全力でがんばってほしいと感じています。私は絶対に、自分の糧になると信じています。

試験が終わったら、必ず自分をほめてあげてくださいね。よくがんばりました!と。

 

租税教室

 今日は3年生の登校日で、租税教室を実施しました。

 講師に税理士の赤穂先生を迎え、「暮らしを支える税」というテーマでお話いただきました。DVDや資料を見ながら、税の意義や役割について考え、税に対する理解を深めることができました。

 今日は家庭学習期間に入って初めての登校日でした。3年生のみなさんはとても元気そうで、友達との会話に笑顔があふれていました。

 

2年生進路講話がありました

 みなさん、こんにちは。

 昨日は2年生の総合学習において、進路講話が行われましたので、御報告いたします

 今回の講話は「志望理由書・小論文の書き方・面接で聞かれること」について、来年、とっても役に立ちそうな内容でした。

 

 私も一緒に講話を聞かせてもらいましたが、とてもコンパクトに分かりやすくまとめられていたうえに、飽きさせない話し方で、2時間の講話がとても短く感じました。生徒たちも全員が顔をあげて話を聞いていたのが印象的でした。

 もう早い生徒では、来年度の6月くらいには進路実現にむけて動き出します。少しだけ時間が空きますが、ぜひ今回の講話の内容を心にとめておいてほしいと思います。

 短いですが、本日はこれくらいで。

内子スポレク卓球大会

第7回内子スポレク卓球大会に出場しました。

参加人数は多くないですが、町内の卓球の猛者たちが集う大会で、なかなか勝つのは簡単ではありません。

今年も部長が選手宣誓をして試合開始です。

混合ダブルスと男子シングルスAクラスの部に出場しました。

それにしても皆さん強い!!

体力では負けてないと思いますが、やはり技術面でしょうか。

力の差を思い知らされましたが、それでも結果は、

混合ダブルス 優勝!!と3位!!

シングルス  準優勝!!    と大健闘しました!!

賞状をもらって嬉しそうです。

お疲れ様!!

 

  

 

1年生の美術選択生徒

 1年生が美術の授業で校内写生をしています。校舎内やグラウンド、部室前などいろいろな場所で寒いときもありますが頑張っています。来年度の記念文化祭で展示しますので是非ご覧ください。

 正門前から。

 

本館から。

 

1階の通路から。

 

2階の渡り通路から。

 

部室前から。

 

グラウンドから。

 

2階の部室から。

 

年金セミナー

 3年生は今日が学年末考査の最終日でした。高校生活最後の定期考査を無事?に終えた後、武道場で年金セミナーが実施されました。

 松山西年金事務所から講師を招き、公的年金制度の役割やその必要性について資料を活用しながらお話いただきました。

 「年金」と言われても、まだまだ先のことのように思えるかもしれません。20歳以上60歳未満のすべての人に国民年金への加入が義務づけられています。3年生のみなさんも「20歳になったら国民年金」を忘れないでくださいね。

 3年生は来週から家庭学習期間に入ります...

 

 

 

 

いかざき大凧合戦の凧絵描きが始まりました。(美術部)

 毎年5月5日に行われる、いかざき大凧合戦は約400年の歴史がある内子町最大の伝承行事です。必ず間に合うように全員で協力して完成を目指します。

 

 今年もたくさんの白凧が美術教室に届けられました。

 

 1年生と2年生が協力して1枚の凧を完成させます。

 

 下書きを修正して1統1統丁寧に着彩をします。

 

 

野外活動実習!

 みなさん、こんにちは。暑い日が続きます。もう春か???と、理科室の「おやぶん(ニホンヒキガエル)」も元気に脱走を試みています。結局、冬眠しませんでした。熊が冬眠し損ねて町に出没している!というニュースがありましたが、カエルですら冬眠していないのですから、仕方ないですよね。

 さて、今日は朝からグラウンドで元気な声が聞こえていたので取材にいきました。

 なんと、「野外活動実習」ということで、グラウンドでグループ毎にさまざまな調理をしていました。中にはカセットコンロもありましたが、2年前の災害時を思えば、こうして自分たちで普段使わない機材で調理するというのもいい経験かもしれません。もちろん本格的に火おこしからやっているグループもありました。

 本館からグラウンドに出る通路にさっそくブースがありました!

もちくま:何を作ったの?

女の子たち:鍋!

 だそうです。野外活動で鍋!斬新!!外で食べる鍋といえば、愛媛では芋炊きがありますねぇ。

 さらに進むと、一回り大きな集団がいました。どうやら指導されてい先生方も混じっているようです。ここでは炭を使っていろんなものを焼いていました。海と山の幸を存分に堪能しているようでした。

 ここで私もちょこっとごちそうになりました。ありがとうございました。

 さて、どんどん紹介します!

 ここでは、おやつを食べてくれ!と言われました。お菓子が余って困っていたそうです。おやつ持ってき過ぎですね(笑)

 彼らもお腹いっぱい・・・

 元気いっぱいで見ていて楽しくなります。

片づけもしっかり!えらい!でも、慣れない火力に焦げ付いたグループが多いようです。何事も経験ですね。

「家から持ってきました」って、こんな大掛かりな装置を持ってきたんですね!すごい!でもみんなで楽しい実習ができたようです。

 みんな笑顔で楽しそうでした。

 今日、活動したのは3年生です。もうすぐ学年末考査を済ませ、卒業してしまいます。卒業前にいい思い出ができたのではないでしょうか。片付けが終わったら、心機一転、進路実現や学年末考査に向けて勉強に励んでほしいと思います。

 これまで学校を引っ張ってくれた3年生へのご褒美の時間のようにも感じられた、楽しい一日でした。みなさんお疲れ様でした。

総合学習成果発表会(2年)

 みなさんこんにちは

 今日は5、6時間目に2年生総合学習の成果発表会が行われましたのでその様子をお伝えします。

 2年生の総合学習では、地元に関わるテーマで1年間調べ学習、体験活動、調査研究などを行いました。例えば、内子町には有名な「内子座」がありますから、その関係で「狂言を学んでみよう」というテーマがありますし、五十崎では和紙が有名なので「時を翔る和紙の魅力」というテーマもあります。他にも著名人やフルーツ、地元神社に収められている算額などに関するテーマもあります。

 今回は狂言の実演があるので、体育館での発表会となりました。

 

 体育会の壁には写真のように総合学習で作成した絵葉書や小物が置かれていました。また、調べた内容をパネルにしたものもありました。

 そんなに長い時間練習ができなかっただろうに、狂言はとても面白かったです。一生懸命にやっているからこそ喜劇の面白さが伝わってきました。

 発表のための準備時間が十分に取れなかったグループが多かったにしては、みんな上手に発表できていたと思います。こうして人前で発表するという機会もそうそうあるものではありませんので、とてもいい経験となったでしょう。特に高校を卒業してからはさらに、こういう機会は減るはずです。しっかり結果を受け止めて自分を成長させる肥料にしてほしいと思います。

火曜テスト

本校では火曜日の朝のSHRで、1週間ごとに、国語(漢字)と

英語(単語)のテストを実施しています。今週は漢字テストです。

1年間の予定が前もって決まっているので、計画的に毎回のテストに

向けて準備してほしいところです。

今回の結果はどうでしょうか?

テスト前に最終確認。

熱心に取り組んでいます。

 

各学年の成績優秀者は年度末に表彰されます。

1,2年生は、英語、国語共に次回が最終回です。(3年生は2学期で終了)

有終の美を飾れるように次回もがんばりましょう!

 

 

 

 

授業乱入取材①

 さて、新学期がスタートして3週間目に突入しました。1,2年生にとっては次学年の0学期、3年生にとっては高校生活最後の学期で、もっとも在校時間が短い学期です。教員になって何年も経ちますが、3学期になるといつも1,2学期とは違う特別な雰囲気を毎回感じます。不思議ですね~。

 それから、先日、大学入試センター試験が終わりました。本校からも受験した生徒がおりまして、その結果が気になるところではありますが、それぞれがベストを尽くして受験を迎えたと信じています。どんな結果になったにせよ、その過程が今後の人生に大きく関わってきます。受験に限ったことではなく、大会でも何でも、最終的な結果が良ければ成長できて、ダメなら成長できない!なんてものはほとんどなく、そこまでの過程が一番自分を成長させていると思います。いい結果も悪い結果も正面から受け止めてほしいですね。それがまた一つ成長できるきっかけになると思います。

 本題に戻ります。今日は、特にネタがなかったので、アポも取らずに、突然授業に乱入することにしました。今日突撃取材したのは美術Ⅱの授業です。単位数が少ないのでなかなか作業が進まないのだそうですが、すでに来年の文化祭を見据えて作品づくりをしているそうです。

 

 今は、コルクの蓋の廃材を使って、アルファベットなどの文字を表現するのだそうです。出来上がっているものを拝見しましたが、おしゃれな置物として利用できそうです。指導されている徳本先生も、これなら自分の部屋に飾ることができる作品になると思います、とのことでした。せっかく作るなら、今後も飾ってもらえるような作品にしてほしいという指導者の思いがあるようです。

 デザインを決めたら、お気に入りのコルクを探します。

 そして、ドリルや糸ノコを使った作業もあります。怪我しないように慎重に作業を進めていますね。

 先ほどもお知らせしましたが、この作品は来年度の文化祭に展示されます。完成品がどうなっているか、ぜひご覧ください。来年の文化祭は100周年記念文化祭となり、いつもより豪華な文化祭にできたらと思っていますので、ぜひ御来校ください。だいぶ先の話ですけど。

消費者支援講座

 3年生を対象に「消費者支援講座」を実施しました。

 内子町消費生活相談員の方から「消費者トラブルにあわないために」というテーマで、具体的な事例やその対処法などについてお話しいただきました。

 正しい知識や情報を得て、消費者トラブルにあわないように気を付けたいですね。

 

内子町成人式で和太鼓演奏(郷土芸能部)

 1月12日(日)に内子町共生館で開催された内子町成人式において、郷土芸能部が「五十崎大凧出世太鼓」を披露しました。

 前日に大太鼓を運び込み、当日は朝から準備とリハーサルを繰り返し、本番に臨みました。

第1部の式典が終わり、緞帳の裏ですばやく準備をします。

いよいよ、開幕。大勢を前に緊張の一瞬です。

演奏中盤、凧が登場し、雰囲気が一気に盛り上がります。

最後は全員の息もぴったり。気持ちを込めて演奏しました。

 演奏後、新成人の方々から「かっこよかった。」「感動した。」と声を掛けていただきました。ありがとうございました。

 郷土芸能部は、今年8月に高知県で開催される「全国高等学校総合文化祭」に愛媛県代表として出場します。より感動を与えられる演奏を目指して日々の練習に励んでいます。応援、よろしくお願いします。

内子高校にドローン出現!

放課後の体育館をのぞいてみると…

そこには「ドローン」の姿が! 内子高校を偵察しに来たのでしょうか?

 ドローンで緞帳にある校章を撮影し、そのサイズを測っているそうです。

 100周年を機に緞帳は新調される予定です。

 なるほど、ドローンにはいろいろな使い方があるんですね。

 

 

3学期が始まりました

 明けましておめでとうございます。今年、内子高校は創立100周年を迎えます。

 今日は始業式があり、元気そうなみんなの顔を久々に見ることができました。さあ、3学期のスタートです。

 新しい年になりました。気持ちを新たに、自分の目標に向かって進んでいってくださいね。

 吹奏楽部のみなさん、いつもありがとうございます。

 

 

 

 

家庭クラブ 内子児童館クリスマス会参加

 12月21日(土)に行われた内子児童館クリスマス会に、2年生6名・3年生4名の計10名が参加してきました。

 小学生に楽しんでもらえる企画(内容)を話し合い、当日の「プログラム4 高校生による出し物(40分)」に臨みました!今年はゲーム2種類(進化じゃんけんゲーム・伝言ゲーム)にチャレンジした後、全員で“パプリカ”を踊りました。

 じゃんけんゲームを説明中“神様”にインタビュー

 

   ゲームの内容や進行を考えたり、子どもたちへのプレゼントの用意・踊りの練習など、事前の準備が色々と大変でしたが、3年生を中心に上手く会を盛り上げることができました。高校生もサンタさんからプレゼントをもらい、小学生と楽しい時間を過ごすことができました。

小学生のほうが上手(?) 最後はみんなで記念撮影

 

 

 

 

 

家庭クラブ料理講習会 ~一人暮らしを始める人のための料理作り~

 12月20日(金)のHR終了後、内子町食生活改善推進協議会と共催の料理講習会に、3年生16名が参加しました。

 はじめに「若者の食生活改善のポイント」について講義していただいた後、実習に移りました。

 今回のメニューは

  ・塩レモン焼そば

  ・ブロッコリーとじゃがいものパン粉焼き

  ・ふわふわ卵スープ

  ・フライパンでパイナップルケーキ     の4品でした。

 ケーキを少し(?)焦がしてしまったりと多少の失敗はありましたが、食生活改善推進協議会のメンバーの方々と交流を図りながら、楽しく、おいしい料理を作ることができました。

 3年生のみなさんは、今回の講習会で学んだことを、ぜひ卒業後の生活に生かしていきましょう!